治験London

心電図と心電図の痕跡

投稿日:

心電図を測るときにブルータブというものを体のあちこちに貼られます。

事前健康診断の時は終わればタブは外せるのですが、、。
例えば24時間装着が必要となっている場合、取れたらいけないので、頑丈に体にタブが貼られます。
その時は痒みとの戦いになるそうなので、、。😳😳
我慢が必要となります。
そして、これは人によりけりなのですが、稀にそのタブの後が体中に残ることがあるそうです。
僕の友達は数日で消えたそうなのですが、他の人で消えるまでに数ヶ月ぐらいかかったそう。。
タブの跡に関しては、特にずーっと残るわけではないとのことなのでご心配なく✋✋
タブの跡が気になる方はバセリンなどの保湿クリームなどをシャワー後にマッサージするようにつけると医師からアドバイスを受けているので、もし残ってしまった方などいましたら参考にしてみてください。それからたまにタブの粘着度が強すぎて肌にかぶれが出てきてしまう方もいるそうなので、
その反応が出た際には必ずスタッフさんに相談して下さいね👌👌

リッチモンドファーマコロジーでは常に医師や看護スタッフさんがいるので何かあった場合にすぐに処置してくれます。ですので、慌てずにご報告下さい🤗🤗

24時間装着の心電図が必要な場合はシャワーは禁止です。
事前健康診断時に装着した場合は、その日は一旦家に帰って頂いて次の日にまた返却しに戻って来てもらいます🤟

ちなみに装着時はこんな感じでセットされますw
なんか機械人間って感じですね、w

心臓の音を録音しているので、心拍数が上がる行為、、
例えば激しい運動をしたり、お酒を飲んだり、という行為はNG!

なるべく安静にしておくと◎

一応、装着時にスタッフの人からまた禁止行為などの説明を受けます🙌🙌

返却時に録音がしっかりされているか確認をしますが、もし寝ている間にタブが取れてしまったりとかしてしまい、うまく録音されていなかった時はもう一度付け直しが必要となるので、ご注意下さい🤟

その時はまたしてもシャワーが出来ませんよーw

ウェブはここから⬇︎⬇︎


ランキングはここから⬇︎⬇︎
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です