治験London

事前健康診断について② -健康診断が始まるまで

投稿日:

さ、ここからが本題ですね!

事前健康診断のプロセスとしては、

受付

問診票の記入

同意書を読む

医師との面談そして、同意書のサイン記入

事前健康診断スタート

さっくりこんな感じで進んで行きます🙌🙌
所要時間ですが、大体4時間ぐらいが目安です。
それより早く終わる可能性もあるし、混みようによってはかなり時間がかかることもあります🙀🙀
まぁ、そこはイギリスロンドンということで時間がかかってしまった場合は多めに見てあげて下さい。
なので、事前健康診断がある日は丸一日空けておくことをオススメします🤓

えーと確か、、
入り口を入るとすぐに受付があるのでそこで事前健康診断に来た旨を伝えます。
自分のイニシャル生年月日を聞かれると思うので、スタンバッて下さいww
その後に確かiPadがあるのでそこで名前とか打ってと言われるはずですw
一応iPadに日本語があるので大丈夫かと、、思います🙆‍♂️
わからなかったら、日本人スタッフを呼ぶようにお願いしましょう💡💡
すぐに駆けつけてくれます。

待合室に通されたら、日本人スタッフの方が対応してくれます。

ここではまずパスポートを預け、事前に申告した海外在住歴の確認を預けたパスポートと共に確認していきます。
事前健康診断の案内にも記載されていますが、パスポートを忘れずに持って来て下さい。
ないとその日に受けられなくなる可能性がある為です。

在住歴の確認が取れましたら、その後に問診票の記入をします。
書き方があるそうなので、スタッフさんの指示に従って書いていきます。

問診票は日本語版と英語版があって、日本語版は英語版をそのまま翻訳してものらしいので、
辞書とかそういったものは不要です😇

無事に書き終わったら、その後に同意書の内容を日本人医師が吹き込んだオーディオを聞きながら同意書の内容を確認していきます。(その前にも確認をする時間があります🤟)
お薬の内容、リスクや禁止事項などが記載されているのでしっかり聞きながら読んでいきましょう

内容に異論などがなければ、いよいよ医師との対談です。
日本人の医師がいる時には日本人医師が対応をしてくれてくれますが、いない時もあります。
その時にはリクルート課のスタッフさんが通訳でついてくれます。🙆‍♂️
質問がなければ、医師と一緒に同意書にサインをします。

同意書は大切なものとなりますので、治験が終了するまではしっかり保管しておきましょうとのことです🙌🙌

さ、いよいよ事前健康診断スタートです👏👏

ウェブがここから⬇︎⬇︎

ランキングはここから⬇︎⬇︎
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です